All is well

色々あるけど、きっと、何とかなる。

オーストラリアで携帯を無くした話

それは突然だった。

まさか、それが自分にやってくるなんて。

 

買い物行って、車から降りて、家に帰って、カバンを開けたら

 

「無い、どこにも無いんだけど」

 

カバンを全部ひっくり返しても

 

「車の中?全部みたけど見当たらないね」

 

シートの隙間も下も、全部見ても

 

iPhone 探す使えば?」

 

日本のSIMが入っているやつで無反応

 

こちらには届いて無いですね‥」

 

店員さんに聞いても何も知らない

 

 

なんてこった。きちんと肌身離さず持ってるから大丈夫と思ってたし確かに車の中で使ってたからスーパー行く前までは持ってたはずなのに。車降りてからスーパーで買い物の間は携帯を触った記憶も無い。いつもならカバンに入れてるはずなのに。

 

落とした?それともスられた?

 

ロックしているとはいえ個人情報、今までの写真全部なくなってしまった。

そして絶対にお世話にはならないと決めていた警察に行く事になった‥

事情を説明し、携帯の色、メーカーなどの情報を伝えて被害届を出す事に。お巡りさんから名刺サイズの青いカードを貰った。紛失届みたいなものかな?

見つかったら連絡するとは言われたけど本当に来るか絶望的だ。

 

そして私は個人情報を守る為、泣く泣くiPhone を消去のボタンを押した。

幸いにその前にバックアップは取っていたので連絡先や写真は残っていた。iPod touchを持っていたので日本の家族とも連絡は取れるし一安心。

たまーにiPhone ユーザーで買ってから一度もバックアップした事無い。もしくはiPhoneを探すをオンにしていない、iCloudのパスワードが分からないという人に出会うけど大切な思い出やら写真が消えてしまい泣く羽目に‥となる前にやっておいた方がいい事をまとめると‥

 

  ・携帯のバックアップをとっておく
iPhoneを探す。をオンにする
・↑自分のiCloudアドレス、パスワードが必要なので確認する
・自分の携帯のシリアル番号、IME番号を確認しておく
【シリアル、IME番号の確認の仕方】
iPhoneの背面に記載されている
iPhoneが包装されていた箱に記載されている
iPhoneの設定→一般→情報から確認する事ができる

 

そして、万が一携帯を失くすor盗られたら
・警察に行って被害届けを出す
・日本の携帯会社に連絡をする
・紛失モードにする(iPhone利用者)
・遠隔操作でデータ消せるなら消す
・シリアル番号、IME番号の確認(万が一携帯が見つかって警察に行く時、これが絶対必要)
・保険会社に連絡する。(会社によっては帰国後に保険請求できたりする)
SNSアカウント、パスワードの変更。

 

その前に携帯を無くさないのが大切だけどね!