All is well

色々あるけど、きっと、何とかなる。

オーストラリアで携帯を無くした話

それは突然だった。

まさか、それが自分にやってくるなんて。

 

買い物行って、車から降りて、家に帰って、カバンを開けたら

 

「無い、どこにも無いんだけど」

 

カバンを全部ひっくり返しても

 

「車の中?全部みたけど見当たらないね」

 

シートの隙間も下も、全部見ても

 

iPhone 探す使えば?」

 

日本のSIMが入っているやつで無反応

 

こちらには届いて無いですね‥」

 

店員さんに聞いても何も知らない

 

 

なんてこった。きちんと肌身離さず持ってるから大丈夫と思ってたし確かに車の中で使ってたからスーパー行く前までは持ってたはずなのに。車降りてからスーパーで買い物の間は携帯を触った記憶も無い。いつもならカバンに入れてるはずなのに。

 

落とした?それともスられた?

 

ロックしているとはいえ個人情報、今までの写真全部なくなってしまった。

そして絶対にお世話にはならないと決めていた警察に行く事になった‥

事情を説明し、携帯の色、メーカーなどの情報を伝えて被害届を出す事に。お巡りさんから名刺サイズの青いカードを貰った。紛失届みたいなものかな?

見つかったら連絡するとは言われたけど本当に来るか絶望的だ。

 

そして私は個人情報を守る為、泣く泣くiPhone を消去のボタンを押した。

幸いにその前にバックアップは取っていたので連絡先や写真は残っていた。iPod touchを持っていたので日本の家族とも連絡は取れるし一安心。

たまーにiPhone ユーザーで買ってから一度もバックアップした事無い。もしくはiPhoneを探すをオンにしていない、iCloudのパスワードが分からないという人に出会うけど大切な思い出やら写真が消えてしまい泣く羽目に‥となる前にやっておいた方がいい事をまとめると‥

 

  ・携帯のバックアップをとっておく
iPhoneを探す。をオンにする
・↑自分のiCloudアドレス、パスワードが必要なので確認する
・自分の携帯のシリアル番号、IME番号を確認しておく
【シリアル、IME番号の確認の仕方】
iPhoneの背面に記載されている
iPhoneが包装されていた箱に記載されている
iPhoneの設定→一般→情報から確認する事ができる

 

そして、万が一携帯を失くすor盗られたら
・警察に行って被害届けを出す
・日本の携帯会社に連絡をする
・紛失モードにする(iPhone利用者)
・遠隔操作でデータ消せるなら消す
・シリアル番号、IME番号の確認(万が一携帯が見つかって警察に行く時、これが絶対必要)
・保険会社に連絡する。(会社によっては帰国後に保険請求できたりする)
SNSアカウント、パスワードの変更。

 

その前に携帯を無くさないのが大切だけどね!

 

 

 

野生のカンガルーに会いに行った話

オーストラリアと言えばやはりコレ。

f:id:nknksan:20170601142333j:image

こんな道路標識があるくらいカンガルーはいます。が、都会暮らしだと野生のカンガルーに会うことはほぼない。

 

オーストラリアで野生のカンガルーを見らずに帰るわけには行かない、でも動物園は割高だし‥と考えてる時にタダで野生のカンガルーに会える場所を友達から教えてもらった。しかもシドニーから日帰りで行けるから観光で来てる人にもオススメ。

 

そこはMorisset park (モリセットパーク)というシドニーから電車で2〜3時間程の場所。

セントラル駅から電車が出てるので行くのも楽チン。opal card を使えば日曜日は$2.50で済んじゃう!

 

という訳で早速行ってみた。

モリセットパークは駅から少し離れたとこにあり、昔はバスを乗り継いで行ってたらしいけど最近はモリセットパークまで送迎してくれる車があって確か片道$3だったかな‥?

 f:id:nknksan:20170601141838j:image

↑駅前にこの看板があるので電話したら迎えに来てくれる。

駅の近くにwoolworth があるのでそこでカンガルーにあげる餌を買ってお迎えを待ち、車の中でカンガルーについての注意事項をざっと説明されてモリセットパークにレッツゴー!

一応野生の動物なの餌はあげても良いけどパン等の加工食品がダメとの事。 

私はバナナと人参を持って行ったけどバナナの方が人気だったかな。笑

 

そして約10分程で到着。車を降りると目の前には‥

f:id:nknksan:20170601142932j:imagef:id:nknksan:20170601142951j:image

野生のカンガルーがそこら中に!

早速バナナの匂いを嗅ぎつけたようでバックを突いてくる。

f:id:nknksan:20170601143935j:image

f:id:nknksan:20170601144057j:image

↑赤ちゃんカンガルーもバッチリ!

 

大抵の人がここでカンガルーとのツーショットを撮ってたのでオーストラリアに来たら記念に行っても良いかもね〜

 

 

 

荷物の話(持って行ったもの編)

色んな方がブログなどで荷物の事を書いてるのを見てあれもこれもとスーツケースに入れてきた私。

オーストラリア生活もそこそこに慣れてきてふと思う。「これ、手ぶらで来れるんじゃない…?」

リュックサック1つで来たなんて人普通にいたし。

 

という訳で私が持ってきた荷物を振り返り本当に必要だったか確認してみよー!

 

【必需品】

・パスポート

・ビザのコピー

・飛行機のチケット

・国際運転免許証

・日本の運転免許証

(国際運転免許証だけじゃ使えないので)

AIUの保険証書

・ホームステイ先の連絡先

・ピックアップの連絡先

・上記の物の全てのコピー

・現金10万円

・クレジットカード

(三井住友VISA、楽天mastercard)

※これにマイルの貯まるカードも作っておけばよかったと後悔中、オーストラリア広すぎる。

 

【電子機器類】

・ノートパソコン

Dynabookの小さいの)

・デジカメ(OLYMPUS tough)

iPhone SESIMフリー

iPod touch

iPhoneに何かあった時、兼音楽聴く)

・電子辞書

・海外対応ドライヤー

・電動シェーバー

・各電子機器のコード

・モバイルバッテリー

・海外対応延長コード

・ラゲージスケール

※個人的にはiPodがこの後良い仕事をしてくれました。

 

【衣類】

UNIQLOのウルトラライトダウン

・ウインドブレーカ

・ストール

・冬物トップス×3

・チェックシャツ

・冬物ニット

・パーカー

・夏物トップス×6

・タンクトップ×3

・エアリズム×4

ヒートテック×4

・下着×7セット

・ズボン、スカート類×7

・靴下×7

・タイツ、ストッキング

・サンダル(室内用)

・スリッポン

・スニーカー

・パンプス

・バッグ

(トートバック、ショルダー×2、エコバッグ)

・冬物夏物のスウェット

・バスタオル×2

・ハンドタオル×3

・フェイスタオル×4

 

※タオル、夏物多すぎ

 

【化粧品・日用品】

・いつも使ってる化粧道具一式

・リップクリーム×4

(紫外線防ぐやつ)

・日焼け止め×6

・化粧水×2

・乳液

・保湿クリーム

・シャンプー

・コンディショナー

(どちらもエッセンシャルの詰め替え用)

・洗い流さないトリートメント

・クレンジングクリーム&オイル

・洗顔フォーム×2

・ボディタオル

・洗顔ネット

・歯ブラシ

・歯磨き粉

・折りたためるコップ

・歯間ブラシ

・眉用カミソリ

・コンタレンズ1年分

(2week、1dayそれぞれ半年ずつ)

・コンタクト洗浄液

・目薬

 

【医薬品】

ビオフェルミン(小1瓶)

・胃薬

・酔い止め

ロキソニン(1年分)

・消毒液

・絆創膏(適当)

アロエジェル(日焼け対策)

・痒み止め

・虫除け

 

【その他】

・筆記用具

・ルーズリーフ

・かわいい感じのメモ

・扇子

・折り紙

・財布

・日本のお菓子

(スーツケースの隙間に入るだけ)

 

これ全部を100L入る預け入れサイズギリギリのスーツケースと45Lのバックパックに入れていきましたとさ!

因みに重さはスーツケース25kgでした!